痛みと肌トラブル

つるつるの肌施術のことで心配に思う人が多いのが、処理を行なう際の痛みです。脱毛サロンとクリニックの脱毛では、どちらが痛みが強いのでしょうか?

この点に関してですが、医療レーザーや光の出力が関係しています。クリニックで導入されている医療レーザーは光と比較して高出力なため痛みを感じやすく、肌にかかる負担も光に比べると大きいです。これに対し光は低出力に抑えられているため痛みを感じにくく、肌にかかる負担も小さいといわれています。

このように説明されると、痛みに弱い人は脱毛サロンのほうがいいと思われがちですが、必ずしもクリニックよりサロンのほうがいいとは限りません。というのも、クリニックでは麻酔を使用することが可能だからです。笑気麻酔やクリーム麻酔により、痛みを感じにくくすることが可能なため、痛みが苦手な人は麻酔の使用が可能なクリニックを候補にしても良いでしょう。

また、サロンやクリニックでの脱毛は、やけどなどの肌トラブルを起こすことがあります
クリニックは医療機関であるためすぐに処置をほどこすことが可能ですが、サロンは医療行為が行なえないためそういうわけにはいきません。ただ、サロンでは提携医療機関があるところが多いため、やけどなどのトラブルが心配で脱毛サロンに行こうと思っている人は、提携医療機関があるところを候補にすると良いでしょう。

料金と通いやすさ

お財布料金は脱毛サロンとクリニックのどちらが安いのでしょうか?この点に関してですが、業界全体で見ると脱毛サロンのほうが安上がりになる場合が多いといわれています。ただし、絶対に脱毛サロンのほうが安いとは限りません。脱毛サロンにするかクリニックにするか決める際には、各サロンやクリニックの料金をチェックし、脱毛完了までにいくらかかるのか、追加での費用が発生しないか確かめ、安さを重視する人はトータルの費用負担が軽いところを候補にしましょう。キャンペーンで激安になっているサロンやクリニックもありますが、初回のみであとは高い、脱毛完了する頃には大した得にならないということもあるため注意が必要です

次に通いやすさですが、東京のような都会に住んでいる人は、サロンとクリニックのどちらが通いやすい、通いにくいということはないでしょう。サロン、クリニックともに都会は数が多いです。一方、地方に住んでいる人は、自分が住んでいる市町村に脱毛の施術を行なっているサロンやクリニックがない場合があります。遠くてもどうしてもサロンやクリニックで脱毛をしたいという場合には、車、電車、バス、新幹線、飛行機といった手段を使ってサロンやクリニックに行くことになりますが、どちらを選択した場合でも1回で脱毛は完了しないため、複数回通うための時間と手間、交通費が脱毛にかかる費用以外に発生することになります。

脱毛サロンの施術

気になるむだ毛を処理するために、自宅で脱毛を行なう以外の選択肢としては「脱毛サロン」に通う方法と「クリニック(医療機関)」に通う方法とがあります。当サイトでは、脱毛サロンとクリニックの違いをわかりやすく解説しますが、このページではまず、施術内容の違いについて取り上げます。

脱毛器脱毛サロンとクリニックのどちらに通っても得られる効果に違いはないと思っている人もいるでしょうが、それは誤りです。クリニックで主に行なわれているのは医療レーザー脱毛、脱毛サロンで主に行なわれているのは光脱毛(フラッシュ脱毛)ですが、照射パワーに差があります。どちらのほうが照射力が強いかですが、医療レーザーのほうが照射パワーに優れており、レーザーや光の出力の単位はジュールですが、医療レーザーは最大60ジュール、光脱毛は最大でも20ジュール以下と、最大出力でも3倍の違いがあるのです。

出力が医療レーザーのほうが高いということで、脱毛が完了するまでの回数もクリニックのほうが短いです。部位による差や個人差はあるものの、クリニックでは5~6回で脱毛が終わる場合が多いのに対し、脱毛サロンは10~18回で脱毛が完了する場合が多いです。(参照リンク→札幌中央クリニック:美容整形で脱毛

また、よく脱毛サロンでも永久脱毛は可能なのかと疑問に感じる人がいますが、長期的に効果のある脱毛を脱毛サロンが行なうことは法律で認められていません。長期的に効果のある脱毛はクリニックでしか行なえませんし、脱毛サロンが医療レーザーを使用することも認められてはいません。